2016年8月19日金曜日

「押切の弾き語り?うそくせー、なーんかうそくせー」








とかいわないで、よかったら観に来てね、9.4の新代田














結構ちゃんとやってますから、仕込み











ご予約の方はssqt_web@hotmail.co.jp









もしくはTwitterとか














とりあえずリンキーファーストに頭が上がりません、ありがとうございます













さ、仕上げにかかるよそろそろ





















2016年8月16日火曜日

誰とは言わないけどね








もうね、満身創痍ですから






バキバキいくど。テンション上がるわ笑









台風ですけど





ぼくらは下北に集合です







どこまで行けるかな〜、むふふ








2016年8月12日金曜日

そうなんすよね




こけるのがダメなんじゃなくて、こける度に「もう一回行くべきか」と一々躊躇すんのがダメなんですよね







行くべきかじゃねーよ行け、という話であります







良い意味で、どうせみんな死ぬんだから







せっかく見つけた本意なことにすら固執出来なくなったら、拘れなくなったら







恐らく生きてる意味を見出す事はできなくなる







凝り固まらず、楽な気持ちでこけられるように臨むと、案外こけない







そういう気持ちを持つためには、やっぱり広い視野が必要で






そういう広い視野、悪く言えば「意識の逸らし先」、僕にとっての「逃げ場」は昔から"自然"である






要するに、人のいなくて圧倒的に非人工的な環境







2016年8月10日水曜日

みんな見て







前からもともと好きな映画だったんですが、









いままでレンタルで見てたのが、悪いことに最近iTunesで購入して携帯にDLしてしまい










この一週間、空き時間になると好きなシーンをランダムに選んで、ずーっと見てる











主役の福本清三さん、山本千尋さんの体の使い方、演技の凄みももちろんながら











名脇役としての本田博太郎さん、峰蘭太郎さんもとてもいい(お二人は特に表情)











この映画のとあるシーンで、ぼくはいつ見てもぐっと涙が込み上げるシーンがあるんですが










それが特に決定的なシーンでもないし、何故なんだろうと、ここ数日ずっと考えてるんだけども、いまだ言語化出来ないでいる









全部が全部、頭で、まして"言葉"という枠に落とし込めることじゃないのだろうと思っている









別に自分の語彙や国語力を買被った思い上がりってんじゃなくね








この映画をご覧いただいて、「そのシーンてここじゃない?」って思った人がいたら教えてください








当たってたら、ビールぐらいご馳走します笑

2016年8月7日日曜日

たまには





オフって息抜きもせんとね












雲の形も最近変わり始めましたよ











秋近し、だよ俺的には












2016年8月6日土曜日

heもアベンジャーも





良いライブしてた







ご馳走さまでした












もちろん俺らも良いライブしたつもりよ







楽しかったね〜








さ、susquatchやることいっぱいです








月末は先月に続き再び秋田へ










た〜のしみ〜!