2014年8月30日土曜日

トロントからアルバータへ





現在絶賛待たされちう





夜7時半でもこの明るさね







8時半くらいまでは全然あかるい







2014年8月25日月曜日

仲間周り恒例の

花火大会でした








昼降ってたので、7年ほど毎年恒例だったこの行事も今年は危ういかなんて思ったけど










我ら晴れ男’sの勝利となった







な、こうめん










susquatchの創始者、トシ・スズキと友達こたろー












打ち上がったゆうじん









それと告知になっちゃうけど、susquatchがお好きな方、10月5日は空けておいてください








下北沢ERAね








メモリアルな一日となるでしょう







明後日から俺がカナダ行っちゃうから、その後の告知になりそうだけど









皆さんに見て頂きたいイベントがあるのです








よろしくね



2014年8月23日土曜日

朝もはよからいなちゃんと





いってきたぜ朝4時起床(稲葉くんのモーニングコールで)





まあ今日は雨予報だが





雨祭りの花巻祭で育った俺にはあんまりネガティブトピックじゃないぜ




中止になったら嫌だけど





おそらくどんちゃんが激化するだけだろう




カナダ前にあばれるぜ





一仕事終えたから一回寝るぜ















2014年8月22日金曜日

正々堂々




http://ameblo.jp/fifi2121/entry-11912884804.html




人のあり方として素晴らしい







遠い話でなくて、平等な同じ人間として、もっと積極的に学んでいかないとならないと痛感させられます






2014年8月20日水曜日

いいことば




努力に対する最高の報奨は何を得たかではなく、
自分自身がどう変わったかである。






ジョン・ラスキン、すばらしい


大阪出発まえに




花巻産黒メダカの健康状態を確認ちう




でかくなったな、一ヶ月半のうちに




2014年8月19日火曜日

いきぬきはひつよー



疲れてないと身体はいうので、常にその裏をかくつもりで休む






2014年8月18日月曜日

追記



他人を思いやれる人たちの言葉は優しい空気に満ちあふれている





そういう空間にいると疲れなんて瞬間的に飛ぶ





そしてまた、このように生きなければおれはおれを満足なんてさせられないであろうと確信する




だからそのままやるのであります







人がわたくしをどう見るかなどとどうでもいい事です






求めているそれなど自分の立ち位置にはおよそ存在しないものだからです






それを表現する機会がある俺は非常に恵まれている






時代や歴史に翻弄され消えて行った無数の命たちの上に築かれたこの環境を思うと、誤解を恐れずに言えば使命感すら湧いてくるのです







虚心坦懐で臨みます、転ぶのはさしたる問題ではない






深夜



前を向いてえっさほいさ歩くのはとても楽しいな




体こそ疲れているが、アタマの中はワクワクでたくさんである




今日もいろいろ良い出会いがありました





いるかいないのかわからないけれども、神様というぼんやりした私の中の概念にふと感謝してしまう瞬間である





今日も一日ありがとう




2014年8月16日土曜日

susquatchそろそろ



ちょいとした動きがありマス






ちょいとした、じゃねーよって言う人も多々いるとは思うけど笑





決まってるライブ、見にきておいてねん〜





大阪と吉祥寺ね〜〜!






いつもここ見てくれてるしとよ、いつもありがとう







2014年8月13日水曜日

2014年8月6日水曜日

環境によって俺は変容する



つまり環境が俺を作る、かたどる





では俺とは一体何なのか




それは幻想である




どこからどこまでを切り取って”俺”と言えばいいのか俺にはよくわからない




それをうまく言い表した言葉が、仏教用語の”無我”





自分をどうやって作っていけばいいのか。それはここ何年も、バンドをやりながら、仕事をしながら、人付き合いをしたりしなかったりしながら、考え続けてきたことである





環境を変えればいい




おのずとその影響を受ける、免れる事はできない





強制力を利用するのである

2014年8月5日火曜日

庭でバーベキューできるやんけ!





やば‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

12年も時間をかけている



すげーすげー長いフライトの準備





物理的には月末カナダ





どう転んでも




必ず最後を、希望の見えるところに着地する





このスキルが、自分はほんとうに上手になってきた





この方法論を心の底より渇望したから、という理由に他ならないとは思うけど






それにしたってとんもりは良いところだった






このまま行くと引っ越す






2014年8月4日月曜日

おっぱじmelca

メダカ池の




ホテイアオイに花が咲いたんだが






蓮の仲間だけあって、やはり綺麗

恥を恐れず自ら言うならば



長年、メロディックなもの、あるいはメロディーが強いことが前提であるものを作ってきたつもりのおれは



最近、目下アンチメロディックブームである





人間は多分、差異というものを感じないと感動を覚えない、そういう意味ではごく自然に到来したブームだろう





そーゆー俺が今日挑む曲作り合宿は果たして建設的に進むかどうか全くわからないが笑



そこを楽しめるかどうかは、全く環境や状況、条件が違うライブを毎回100パーセント楽しめるのかどうかに全くもって類似する、または同質のことであり、それは大げさに言うならば、人生を楽しめるかどうかでも通じている気がする




と、アイスコーヒーを飲みながらめんどくさいことを記述したところで、風呂に入る




朝から失礼いたしました





2014年8月3日日曜日

幻想に弱くてDOするの



そんなんなにも得しねーー!







見極める、それをしないとチャンネルが合わんのです






哲学はプラモデルみたいなもんで、"毎日コツコツ"というセオリーを抜きにして完成したりしない







時間の経過に楽しみを見出すセンスが理解出来るかどうかが割とでかい要素だとしたら






とりあえず万人向けではない













2014年8月2日土曜日

仕事から帰って



夕飯をざっと済ませてまた仕事しはじめる自分





時間が来たらすぐ布団に入って睡眠を確保する自分





休みが来ても疲れがとれなくてあまりよく動けない自分




体がなまり始める自分






全部を冷静に見ている




それは時間や身体と付き合う自分の基本的所作




ネガティブな着色をするやつがもしいたら、それは自分である




俺はネガらなくなった、昔に比べたらまるで別人、というくらい





人は変わる、変わり続けて、俺のかけらはもうわからなくなる




俺らを構成してる分子も毎日入れ替わる




変わり続けて、毎日差異を味わえるから、生きてて楽しい




年寄りみたいだが、そりゃ毎日感謝しちゃうわ、自然と笑









2014年8月1日金曜日

いろいろじゅんび、且つ





忘れずガキたちの世話も




夜でも食欲旺盛







あとおふくろいろいろありがとう、検討いたしまつ