2014年5月30日金曜日

おそらくは



腹を決めてくれ、という啓示なのかもしらん。みんなとお別れするための








それならそれで、甘んじて受けるより他なかろう








みんなそれを飲まざるをえない条件で生きてる訳で







考えたら考えるほど、つじつまがないことに気づく








その条件をなるべく遠ざけ、あわよくば最後の瞬間まで、なるべく幸せで、嫌な思いをせずにいたいという生き方に








俺は微塵も共感しない










そんな生き方で楽しいわけはないが、強制はしない








ただ、俺は俺で、好きにやらせてもらうす








世界よいつもありがとう、









マジで楽しい、いつものことではあるが









2014年5月28日水曜日

今度結婚する同級生と



飲みました、新宿で。





干物馳走しようとしたら「あたしゃこういうのは好かん」ってさ






先日は人間科学の権威である某先生の講演会へ
近代西洋的思考の波及により下手なフリースタイルをためらいもなくぶちかます輩が急増する現代に警笛を鳴らし、ギロチン制度の採用を訴えました






友達のリハです。リハはガウンで行う164







もうすぐ紫陽花の季節です。この子もうちの近所のこです、好きな花です。





もうすぐheとツワーですわ。






殺すつもりでいかないとツワーなんて楽しくない






殺してくるっスワー






2014年5月20日火曜日

先日は


この連中と久しぶりに飲みました。

Half-Lifeのひろしと、元susquatchの稲葉です。




彼らが再び522を開催するということで、少し前に連絡をもらった。



2年空いてしまいましたが522をもう一度開催したいので、susquatchにも協力してほしい、ということだった。



CYCLONEの三浦店長も、わざわざこの日は既にハコを空けておいてくれている、という。



その手の”冠”の共催イベントは、趣旨の打ち出し方や取り扱いが極めて難しいと、その種のイベントを幾度と経験してきた身としては思っているので、正直思い悩むところもあったが、すでにそこまで友人や周りが気持ちを持って取りかかっているというのなら、やるだけやってみて、そこで感じる体感にはきっと何かしらの得るものもあるだろう、という事で協力させてもらう事にした。

以下は稲葉洸からのメッセージです。



「お世話になっております。
522企画担当の稲葉と申します。
今まではsusquatch×Half-Lifeプレゼンツでしたが今回は僕とひろしプレゼンツでの開催となります!
だからと言って根本は何も変わりませんし特別な演出もありませんが
長らく続いて来た522のいわゆるひとつの節目的重要な回になることは間違いありません。
平日ですがスタート少し遅くしたのでぜひ仕事帰りにでも遊びにきて下さいι(`ロ´)ノ
なおひろしと共作したTシャツも販売しますのでお楽しみに!!
アパレル野郎ひろしが今年のトレンドはああだこうだとブツブツ言いながら作った力作でございます。
アパレル野郎が言うので間違いないでしょう。
ただし今回は個人の企画なので少数生産となっております(笑)欲しい方はお早めに!
なにはともあれ一緒に楽しみましょう~!」









という事です。


カジュアルですね(笑)。

まあ楽しくどんちゃんやるという方向性はなんら変わっていないと思いますので、よろしくお願いします。

susquatchの近況としては、ゆたちんがベースを担当してくれていて、今はその同化トレーニングまっただ中です。


ゆたちんはベースが上手い。技術的に上手いのもそうだが、俺は何より、彼の人間力がその凄みの主たる要素だと思う。


人間力、というと曖昧な響きになるが、それは別の言い方をすれば、”理解力”と言い換える事が出来ると思う。


彼は理解力に優れているからこそ、susquatchの楽曲を理解するのにまだまだ時間を要する。...文章にすると大仰ですね(笑)。

でも本当にそう思っています。こう書くと押切は自分のところの楽曲を尊大に評価しているんじゃないか、とか思われるかもだけど、そういうどうでもいいような事ではなくて。

普通なら3日で終わる仕事も、彼の仕事は精巧であり、玄妙なものだから、突き詰めて完成させるまでにもっと時間がかかる。そのくらい彼の理解力の解像度は高く、他の人にはあまり出せないような表現が出来る、という事です。


そういう彼の妥協しない姿勢は、我々自身の、これまでの曲との向き合い方にも自然と影響を及ぼしました。我々も、既存の曲をプレイする上での取り組み方が、この数ヶ月で大きく変わってきたと体感しています。今もまだその過渡期にあり(というか、バンドという現象は本来その連続の成り立ちのはずでもあるが笑)、毎回のスタジオでどんどん体感が変わっていくものだから、情報の精査がまったく落ち着いていない。

なので、522では今回susquatchは新曲をやりません。曲が無い訳ではありません。だが、既存の曲の質向上に注力を捧げてきました。むしろ、そこに注力せずに新しい世界の表現もクソもない、と思った。なのでこちらとしては、そこまで気持ちをかけて注力してきた”それ”を体験して頂きたいと思っています。


それが”オナニーのような音楽”と呼ばれるか、”人の気持ちを満たすもの”としての評価を受けるかどうかは知らない。そしてあまりそのポイントにも興味は無い。ただしデータは取る。”そして俺はどこに行きたいのか”が、自分の内に明確に見えるはずだからです。



とまあ、近況報告を兼ねた自己内観のブログになってしまったが(爆)、俺個人は普段から、優れた音楽家になるよりも、優れた理解力を持った人間として生きたいと、はっきり自覚して生きているのです。なので分析が始まると止まらない。このブログを書くという行為にしても精査の一つなので、、、止まらなくなるし、まとめる技術もやはりまだまだ拙い。拙いがその類いのものはやって、こなしていかないと熟さないので…一言で言えば、お付き合い下さい(笑)。













自分としては、こういう連続を毎日噛み締めながら、音楽に触れて生きて行ける毎日が、相変わらず常に新鮮で楽しいです。

これを522でしっかり表現出来れば、そこで得た体感は、そのまま次の作品にもはっきりと打ち出される事だろうと思っています。

梅雨入り前の渋谷、足元が悪いかわかりませんが、楽しみましょう。


よろしくお願いします。








2014年5月15日木曜日

週一で、



かならず10時間は寝る日を作るようにしている




それ以外の日も最低6時間半





出来たら7時間は寝たい






朝から昼にかけては徹底的に、集中して考える






夜はダラダラ考え事をせず、やることをやったらサッと寝る







太陽っ子だからこういうサイクルのが効率いいし楽しい








2014年5月13日火曜日

週末鎌倉



楽しみだわい





晴れるといいなー





顕微鏡を買いたいがあまり出費もきついので





どのくらいで済まそうか






2014年5月5日月曜日

うける




とりあえず俺の根っこはストレートなパンクではない笑




何かと問われても限定できないが





とりあえずパンクではないと、






自分では思っている





何故ならパンクの定義すら知らないほど、縁遠いものだからです




うけたので書いた