2014年4月29日火曜日

どたばた仕事ばっかりしよってからに




いそがしゅうてメールできんかったけども





親父、誕生日おめでとう





6月下旬頃にまとめて帰りますけん、ゆっくり楽しく飲みましょう






p.s
6月、前にうちに泊めた事のあるS県民の集団がついてくるかもしれません。ゆるして






2014年4月18日金曜日

希望に満ちた未来がまだありながら


望まずとも水底に引きずりこまれていった若い命たちと、未だ変わらずに、好きな事を許し続けてもらい、気ままに生きるこの命との間に、何か差異のある価値があるのだろうか




そんなものはねー



だから俺は俺で生きないと




不動で歌った京都でございました





俺がいつ果てるかを俺は知らない、知るつもりもない、今夜果てようが、ならそれはそれで別にいい





ただ、世界を見せてくれてありがとう、それだけでも助かった






2014年4月12日土曜日

寝てて




突然落ちる感覚になって足ビクッとなるやつあるよね








あれって無意識に自分が回帰するのを意識がとっさに防いでいるのだらうか








おっさんは寝言は聞かない








明日待っている景色は、昨日きさまが望んだそれである







あーライブ楽しみ








きゃー




ルサンチマンやめてー、おっかねー、ゆるちてー!







ということで、susquatch元老院の考案による”湯太郎会”発足






すべての民の発言、発案は原則としてゆたちんとよしだイチローの許可を得てから成立されるものとする





ハムラビ法典みてーだな、過度の報復や応酬を抑制するための







さすが嫁







ということで寝る







わけわかめブログだね、ごみん、おやしみー!





2014年4月8日火曜日

2014年4月7日月曜日

もりもりと





もりもりとやる気が湧いてくる








不義、不遜、理不尽と戦い続けられるなら、その途中に死んでも本望でつ








これを創作意欲といわずして何という、である










これがいつもやめられない








結果や未来、というより、この種のエネルギーに満ちることが俺の人生の本道なのだと思う




2014年4月6日日曜日

くははだみだこりゃ笑



ぜーんぜん意図が噛み合ってない笑





なにを言わんとするか全然わからない






それこそ狭い







では発信は控えるべき、もしくは、人目を避けた場所に放たれるべきである






ということで黙る






哲学者や科学者とはそれぞれ、文脈の中における整合性をとことん突き詰める作業に明け暮れる人々だと俺は思う





それをやらずにはおれない人達、ということも出来る






だから気になる、盲目的、強制的な原理主義体制が。一義的な価値観しか自分の世界に映せない、その思いやりを欠いた行動が。





でも反原理主義をとことん突き詰めると、「原理主義を徹底的に排斥するための原理主義」という、いわゆる自己矛盾が生じる





だから一番いいのは、不確定性原理じゃないが









なるべくなら干渉しない、ことである







感知、観測しないものは、生活の中に立ち現れることはない













2014年4月3日木曜日

一生はなんと短いのか



学びたい事が多すぎて時間がまるで足らない



それくらい知とは楽しい





手づくり、手で作るというのは、実は手先ではなく、心で作るのだ。




生活の中で、自分で情熱をそこにつぎ込んで、ものを作る。




楽しみ、解放感、そして何か冒険、つまり、うまくいかないのではないか、失敗するかもしれない、等々いささかの不安を乗り越えながら作る。




生活感のドラマがこめられている。心が参加して、なまなましく働いていることが手づくりの本質だと言いたい。




岡本太郎






素晴らしい