2013年3月29日金曜日

朧月で一杯やって家に帰ると




小型の室内ヤシが元気な緑を主張していて





作業部屋にはタブラとバヤンが転がっていて







挙句に避けて通れないほど最近の自分が夜に取り憑かれてる率が上昇していて。。。








おそらく今年は一大南国旋風が僕の身に巻き起こる







なんてったって幼少期から続くなす術なき憧れのテイストです







やる以上はその自分の欲求の根源のなんたるやを的確に解き明かしたい









僕がよく見るトロピカルな魚の夢もそこに答えや理由を見出せるかもしれない








しかしながら感覚というものは基本は無秩序なもので、極めて右脳的なものではないかとも思うところで









多分そういった、自分が南国のテイストに憧れる理由を明確に断定する事は頑張って濾してもおそらくできないだろう






「東北人で温かい地方に憧れてるから」なんていう、単純過ぎる理由が一番説得力を持って終息しそうな予感すらする








最初に結論づけておくと、理由なんてすこぶるどうでもいい






俺がわくわくできるから南国をやる







わくわくできるから俺のエモと南国を混ぜる







とりあえずは







寝る















夜桜で月見酒しよるばい





2013年3月28日木曜日

咲いてる咲いてる




春も過ぎ行く






心のなかで



誰かを嫌ったりネガティブにとらわれている人は、それにとらわれて人生の中の効率を無意識のうちに阻害してしまっているということの非常に典型的な一例を目の当たりにしており、かわいそだなと思いながら






朝の体操をしている





自分がいつまで生きるのか、またこれからの世界の流れにどのように関わっていくのかはっきりと明言することは相変わらずできないけれども





毎日が楽しいほうが自分もうれしいと思うんだけどなー





嫌味じゃなくて、本当に頑張れ





面倒くさがらないでちゃんと濾して見れば絶対見えるはずの道はある








やってないだけだべ










今日も一日ぶち上げる










2013年3月27日水曜日

2013年3月25日月曜日

いいとこで



線を引かないとな







アイデアの妄想や欲望はどこまでも果てしない









ある程度膨らませたら形にしていかないと






実感として返ってこないからそれ以上の先にどれも行けなくなってしまう








また色々実験ですな










2013年3月24日日曜日

秒針




Aは時計の針のような規則的なタップ



Bは16分のクローズシンバルから後半に大きいリズムの取り方



メモ

2013年3月23日土曜日

メモ男

強いやつにしか優しくなれないのはくず





弱いやつにしか優しくなれないのもなんかちょっと意味を履き違えてる






要するに、「愛だろ、愛」と昔のリキュールのCMばりに愛念や思いやりに行き着くのは素晴らしいんだが、そこから本質的な意味で相手の求める温もりになりうる愛情とは何かと考える行為を投げ出したり放棄したり怠慢した時点で、それはもう愛や思いやりではない。



現場主義捨てちゃってるんだから。





本当に必要なものは単一化できたりなんかしない






人それぞれの人生が千差万別なように






だからそれを一極化する事には多分な危険性が含まれている






すげー普通の理論だべ







要約するには







相手の気持ちになることを毎秒毎秒意識して話す、こういう言い方で相手は理解してもらえるだろうかと気を配りながらコミュニケーションし続ける、という事だろう







「これでいいはず」などという考え方は直結した傲慢で、それ以上の精密さを求めるに及ばない己の世界観の狭さや価値観の浅さを露呈する。







おーーっっかねーーー!!!笑












春は別れの季節でありまして




6年もの間苦楽を共にした友人キングとの別れの夜でございました





キング広島行っても頑張ってね、いつのまにか俺は気づいたらキング芸人だったよ






表向きではぶーぶー言いながらも決して人を傷つけず、人に失望したりなんか絶対しない懐の深いキングが皆大好きでした






キング山岳隊、次は夏季の富士登山であります。







広島は友達たくさんおるけー、その前にも一発遊びにいくよ








これからもよろしく










2013年3月22日金曜日



Tablaを思いっきり叩く





そんな時間いまんとこまるでなし










今週買ったクラシックギターも練習したい










まあいい、時間はいずれ見つけてやり倒す









今日は世界の名作シリーズby中野まきから









世にも哀れな作品を拝見させて頂きました








人間は










表現者という自覚があろうが無かろうが厳密にはみな漏れなく表現者で









善きかな哀しいかな存在しているだけで表現がついてきてしまうと思う









そこには愛や思いやりが正しいニュアンスで投影されるように









悲観や狭さや思いつめている価値観の根源もそのまま映し出される









と僕は最近痛感しておりまして









「おい、大丈夫か?なにがあった??本当に限界なら、頼むから、余裕のあるときにでも良かったら話してみてくれないか」









といわざるを得ないような一通を見た












昔なら面白半分やからかいでのたうって笑ってたのかもしれないけど










シリアスにその人にはそれが本当の限界なのだなと思うと、何か切ない気持ちになりましたとさ










一生懸命やってる人には必ずいずれ暖かい光が差し込んでくれるシステムだったら










秩序的なおいどんの脳は嬉しい








そうならなければ








そう働きかけるのみ、なぜなら俺の人生は基本暇だから(広義ですよ、親父)









寝る








2013年3月20日水曜日

流動的である生命を



繋ぎとめておくためのせめてもの普遍なる秩序としての自己











わからんちんじゃない、こんなにぱっと聞きはむつかしい表現なのに











意識は秩序的だから、潜在的に本能でそうしておきたいのも無理はないと頷ける












ただしかしそうすると










無秩序の存在も等しく認めなければならないという理論も頷けてしまう









バランスが成り立たなくなるもんね












自然が一番よ











その上の滅びなら準じてそれも一番なのかもしれない














そこに悲観をもたらすものがあるとすればそれは人間の主観以外の何者でもなく













その分野の折り合いはにんげんのしごと












風呂へって寝る


















2013年3月19日火曜日

2013年3月18日月曜日

2013年3月13日水曜日

茂木さんの




「悲哀は、深ければ深いほど、ただ泣く事などでは済まされない」という言葉







とても実感出来るよい言葉







2013年3月10日日曜日




桜ほどメジャーな扱いを受けないが






地味に好き












右脳



細かい詳細を文字に起こせないが






毎朝太陽がのぼると





今日もぶち上げようと気力がほとばしる





これで実は既に満たされていて幸せだと思う







足るを知れる







太陽大好き












2013年3月8日金曜日

求道するものに



道は拓ける





それは希望やらなんやらの妄想ではなくて










理にかなった論理








逆説をいえば







求道しなければいつまでも道はない







こないだ食った美味い蕎麦









2013年3月5日火曜日

養老孟司せんせいの




「創造性」「独創性」というのは、今、自分がいるところの下、足元を掘って掘って突き抜けたところにあると思うのです。






という言葉がとても好きだし、実際そうだと思う






自分を掘り下げて理解しようと努めないものには痛みも伴わなければ智慧の授かることもない






顔面ぐっしゃぐしゃで苦しみもがくぐらいが丁度よい





どMばんざい!爆











2013年3月4日月曜日

旬彩料理 押切



春一番に吹かれて






春っぽいサビの一曲できましたが







得意の覚醒転調ならぬ









き○がい転調にて








笑いが止まらない深夜








意味不明すぎてわらける







理屈として



筋が通ってないものがほぼほぼ苦手で





ほぼほぼ嫌い





その辺を最近濾している





好きなものを更に咀嚼するためのいち工程





隙だらけなのは耳を傾ける気にもなれん、、、これが歳なのか?笑





PC作業開始

2013年3月3日日曜日

32歳の



抱負は特にない



いつもどおり、毎日毎日を大事に、投げやらずに可能な限り楽しんで生きるだけ



乗り越えられない壁や困難や因果が立ちはだかっても、それは愛しい自分の家族や先祖や仲間や環境から起因して起こった事象だったり、またそれとは別に、自分の拙い思想や方法論が生み出した事であっても、それは与えてもらった境遇の中でふざけずに自分なりに真摯に向き合ってきた積み重ねの顛末なのだから、悲観せずに少しでも楽しい結果を持ち帰れるように、最後まで笑って尽力する



そうやって生きれば、どう転んでも毎日は楽しい




それを音楽に反映出来たら、おじさんは毎日にやにやしている事だろう(単純に気持ち悪い)





まあ、こんなおっさんの話はどうでもいい





うちの名スタッフ"より"に第一子が無事に誕生した





ぎりぎり俺と被らずに3月1日生まれだった



良かった。。。






こんなおっさんと同じ誕生日というのも不吉で可哀想だが、それに追い打ちをかけるかのように、俺と同じ誕生日という事は、かの有名な某宗教団体元教祖、麻○さん(獄中)とも同じ誕生日という事になるのだか…まあ、ひとの事はどうでもいいな。








よりはsusquatchにとっても大切なお友達なので、母子健康で赤ちゃんにはすくすくと大きくなってもらえたら嬉しい






より本当出産お疲れ様でした、本当におめでとう!!!








ps
今日電話先で2歳の姪っ子がためらいもなく「明けましておめでとう」と言っていた。振り切れって大事ですね